Yukarinoki's Blog

Dec 2020 読んだもの、やったこと

December 02, 2020

やったこと

VRChat UDON

VRChatのWorldが作りたいので、UDONを学習した。(参考:https://qiita.com/amamagi/items/ac497db1b20cb754a1e6) ここに書いてあるような方法ではとてもじゃないけど一定以上のリッチなinteractionを持ったワールドを作ることができないので、UDON Sharp (略称:U#)を用いるしかなさそうである・・・。

U#とは、C#をUDONの機能にコンパイルしてくれるプラグイン。

U# 入門 ①(by ハツェ氏) https://hatuxes.hatenablog.jp/entry/2020/04/05/013310

を読めば大体のことはわかりそう。読むかな。

追記:読んだんですが、このようなやり方でゲーム性を持ったworldを制作するのはものすごい大変だろうと思いました。たとえばAmong Us “Game”(というamong usのVRChat移植版)を作成するためには地獄のような作業量が必要そうなことがわかり、震えました。

Blenderでキャラクターモデリング

VRChatのAvatarは以前友人に作ってもらったものがあるんですが、やっぱり自分で作ったほうが愛着が湧くし、上の事もあって自分でモデリングする作業がどこかで必要になるので、練習ついでにキャラクターモデリングをしてみることにしました。

以下の動画がわかりやすく参考にしています。
【Blender 2.9 Tutorial】キャラクターモデリング解説 #1 -Character Modeling Tutorial #1
https://youtu.be/BBtgjTiL1XQ

モデリングの学習ができればよかったんですが、副産物としてアニメキャラの基本的な造形についても詳しくなれて良いです。
以下が#1の動画を見終わったあとの、途中経過です。

model1

読んだもの

角居勝彦著 さらば愛しい競馬 (12/06)

https://amzn.to/2JRsuwH

いろいろなことが書いてあったし、調教の実態や調教師から見たジョッキー・競馬界のシステム・レースについての見解には(僕にとっての)目新しさがあった。ただ、調教に関する一貫した理論やシンプルな法則・原則が記述されていないことは残念だった。一方で、競馬界のシステムの変化(降級馬がなくなる・スーパー未勝利がなくなる等)がもたらす調教シーンの変化予測には説得力があり、確かに「出走ローテーションなどによって陣営の競走馬への期待値が測れる」というのはそのとおりだと思った。未勝利戦では、調教師の期待値は最も結果に影響を与える要素になるはずだし、また、この要素はあまり顧みられていなそうなので、とても興味深い観点だと思った。あと次競馬見るときには、上手に手前を変えているか、馬の利き足、右回り左回りの得意不得意、に注目したい。

Huge Puerto Rico radio telescope, already damaged, collapses (12/01)

https://apnews.com/article/technology-arecibo-observatory-puerto-rico-science—0da6abb251f455977bf0c752348e712e

こないだ言及した、アレシボ天文台が日本時間 2020年 12月1日 20:56 (現地時間 7:56) に崩壊した。 アーメン・・・

arecibo


Written by yukarinoki
© 2022, Built with